読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ナナイロ〜女子大生〜」Staff Blog by モデルプレスTV

モデルプレスTV(ひかりTV/105CH)毎週日曜日14時30分~18時30分!現役女子大生が全力で生放送中!!応援してくださ~い。

【おばコラム】山の日を制定したのって誰?【第20回】

 やる気!元気!!瑞季ー!!!

昭和女子大学3年 小原瑞季です( ¨̮ )

 f:id:oba_221b:20160818214943j:plain

 

先日今年初めて施行された国民の休日

「8/11 山の日」

 この日の制定に尽力したうちの1人が谷垣禎一さんというのは有名な話ですよね!

 

実は昨年、谷垣禎一さん

昭和女子大学の「女性教養講座」 という講義で

講演してくださったんですよ!

 

硬い政治のお話よりも、この「山の日」 について熱くあつく語ってくださりました。

 

受ける前は「難しいことはよく分からないし…はよ帰りたいわぁ…」なんて友達に零していた小原。

しかし、いざ講演が始まると一気に引き込まれましたから谷垣禎一さんという政治家は凄いんだなと思いました。とてもフランクに山の日について教えてくれました。

 

 日本人というのはどうして「山」と「海」はセットといいますか、比較対象にするのか不思議なものですね。

 

夏も山派、海派で論争になったり…

きのこたけのこ戦争なみにどうでもいい気がしますが、

やはり日本の自然といったら

代表されるのが、山!海!ということなんですかね?

富士山は日本人の心なんていいますし、

海は母なる海なんていいますしね!

 

 

ちなみに今週のナナイロ~Thursday~の

ナナイロ・ストリートのテーマは…

「海・山が舞台の映画」BEST3

ディレクターさんは海派なんですかね?

海を前に持ってくる辺りそんな感じがしますが…

 

ちなみに小原は海派です!

海なしの関東平野育ちですから

江ノ島とか横浜への憧れはハンパないです。

初デートは美術館もいいけれど…

やっぱり海に行きたいなと思う今日このごろでございます。

ま、相手を探すところからなんですがね(・ω<) テヘペロ

 

 

ということで、小原も勝手にベスト3を紹介します!


1位『平成狸合戦ぽんぽこ』 (山)

 舞台は昭和40年代の多摩丘陵

そこで狸は面白おかしく生きていたのに、多摩ニュータウンを建設しようとする人間がどんどん狸の生活領域を侵食するんです。それに狸たちは伝統変化術・化け学で対抗してなんとか建設を中止させようと奮起するお話。


私の周りでは「メッセージ性が強すぎて苦手」という人が多いようですが、

私の中での好きなジブリ映画TOP3に入る映画でもあります。

狸たちが凄く愛らしくて、化け学にワクワクして、狸たちの面白おかしい筈なのにラストには涙が止まりません。

動物側からみた自然破壊を描いており、同じ人間としてとても心苦しいですが、やはり私は狸という生き物が好きなんです…。


同スタジオ作品の『耳をすませば』のモデルは聖蹟桜ヶ丘と言われています。

聖蹟桜ヶ丘も多摩市、狸たちの山を壊して作ったのが雫たちが住む街、『耳をすませば』の劇中に出てくる「コンクリートロード」の歌詞には人間側からみた自然破壊と人間のエゴが含まれているのでは?という都市伝説があります…。信じるか信じないかはあなた次第です(笑)



2位 『コクリコ坂から』(海)

eiga.com

またジブリ作品です。
この作品は夏に見たい映画の一つでもあります。
舞台は戦後日本、オリンピックが間近に迫った高度経済成長期の日本
横浜をモデルにした街になってます。
朝鮮戦争で父を失った主人公・海と学校の先輩で週刊カルチェラタンを発行する新聞部の風間俊との青春ストーリー。
学校の文化部部室棟『カルチェラタン』が文化財と言えるほど古く老朽化に伴い取り壊すと学校から通達が。
しかし、文化部に属する男子はそれに抗い抗議を行う。そこに女子も加わり掃除をしてカルチェラタンを生まれ変わらせよう、まだカルチェラタンは大丈夫だと学校に主張すべく、皆で力を合わせて頑張る。


ちなみに黒田和佳奈さんに教えてもらったんですが、
カルチェラタンというのはフランスはパリのセーヌ川以南の学生街の地名らしいです!

1つ賢くなった気分です(笑)

この映画見る度、昭和だけどやっぱり憧れます。
こんな青春も送って見たかったなと。
学校とかの言いなりになるんじゃなくて、納得いかないなら納得いかないと主張する活力が凄いなと思ってしまうゆとりっ子です。
また、あの雰囲気が好きなんです。
海ちゃんを「メル」とか呼ぶのはちょっと恥ずかしいけれど、町の雰囲気とか人情味のある感じとか。
ジブリの甘酸っぱいラブストーリー好きです。



 


3位 『ウォーターワールド』(海)

www.hikaritv.net

 一気に毛色が変わってしまいましたが、

この作品、名前だけは聞いたことある女子大生は結構いるんじゃないでしょうか?


どこで聞いたか思い出せましたか?

ご存知だと思いますが、

大阪にあるユニバーサル・スタジオ・ジャパン

(USJ)のアトラクションになってますよね!

キャストさんがメッチャクチャ面白くて、夏はメチャクチャびしょ濡れになるあのアトラクションの元はこの『ウォーターワールド』

 の世界観なんですね!



結構MAD MAXと混ざる…なんて父は言っていますが

こちらもMADMAX同様世紀末の地球という設定。あちらが水が貴重な砂漠世界ならば、ウォーターワールドはその名前の通り、陸上がなくなってしまった世界。海洋惑星と化した地球を舞台に、幻の「ドライ・ランド」を目指してひとり孤独に旅するミュータントの主人公と、その島を略奪しようと企む「スモーカーズ」の1995年公開のSF映画


実はこの映画、アカデミー賞1995年度音響賞を受賞するも、1995年度のラズベリー賞4冠を制してしまった作品。


でも、私は好きです。


夏休みを利用してUSJに行く大学生は少なくないはず!!

この映画を見れば、あのアトラクションも倍楽しめるはずです!!!

ということで紹介させていただきました( ¨̮ )




ということで3作品紹介させていただきました!

今回ジブリ多めということになりましたが、

ジブリはかなり凄いですよ!


海外に短期留学した際、ジブリ好き!という所から会話が盛り上がり友達になるパターンが多かったです!

私は英語がすこぶる不得意ですが、ジブリなら多少日本語でも伝わるし、会話が盛り上がること盛り上がること…。

まさかジブリがコミュニケーションツールになるとは思わなかったのですが、日本のスタジオが作った映画を世界の人が愛している事を実感しました…

特に台湾の人は「千と千尋の神隠しは私の出身の街!!」と誇らしげに私に教えてくれたのは、なんだか嬉しかったです。



ジブリ映画の凄さを海外で実感したことも含め、ジブリ映画二作品を取り上げさせていただきました!




さー!

ナナイロ~Thursday~のナナイロ・ストリートまもなく再放送ですから

見なければ!!!!



ということで

映画を映画館に見に行けていないのが最近の悩み

小原瑞季のおばコラムでした。