読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ナナイロ〜女子大生〜」Staff Blog by モデルプレスTV

モデルプレスTV(ひかりTV/105CH)毎週日曜日14時30分~18時30分!現役女子大生が全力で生放送中!!応援してくださ~い。

第9位 東京外国語大学元学長 文学賞のたった一人の選考委員に

女子大生ニュース 東京外国語大学

第9位
東京外国語大学元学長

文学賞のたった一人の選考委員に

♡11月6日女子大生ニュース

 

10月13日、第26回Bunkamuraドゥマゴ文学賞授賞式が行われました。

この賞の選考委員を務めたのは、元東京外国語大学学長の

亀山郁夫先生です。亀山先生は、2007年から2013年まで

東京外国語大学の学長を務め、ロシア語、特にロシア文化、

ロシア文学を専門としています。

f:id:neige025mer:20161106224110j:plain

 

Bunkamuraドゥマゴ文学賞とは、1933年に創設された
パリの「ドゥマゴ文学賞」の先進性と独創性を受け継ぎ、

既成の概念にとらわれることなく、常に新しい才能を認め、

発掘に貢献したいと1990年に創設された文学賞

前年7月1日から当年7月31日までの13ヶ月間に

出版された単行本または雑誌等に発表された日本語の

小説、評論、戯曲、詩が対象です。

受賞作は、毎年「ひとりの選考委員」によって選ばれ、

選考委員の任期は1年間です。

 

今回亀山先生が選出したのは、中村文則さんの『私の消滅』。

呪わしい記憶に苦しむ恋人の診療に当たった若い
心療内科医の復讐を描きます。亀山先生はこの作品について選評で、

中村文則のファン、と公言できるほど私自身

若くもなく、最近の彼の作品にはいくつか頷けない点もある」としながらも、

「とくに抜きん出ていると感じたのは、みずからが描こうとする

対象への憑依力である」と、作品のリアリズムを絶賛しました。

Amazon CAPTCHA

 

取材・執筆:東京外国語大学 黒田和佳奈